2017年01月25日

ふしぶしサプリ【イタドリ】でリウマチが改善するかの検証

リウマチに効果がある成分として、「グルコサミン」という成分は有名ですね。
身の回りにも、関節の動きを助けるとして、グルコサミンが含まれたサプリメントは多く見かけます。
テレビCMなどでも、ひざの痛みにグルコサミンがいい、という内容の広告を見かけます。

そんなありふれた商品でもある、グルコサミンサプリですが、どれも同じような成分の中、秀でたサプリを見つけました。
それが、「イタドリ」というふしぶしサプリです。

ふしぶしの働きをケアしてくれるグルコサミンはもちろんのことですが、今注目されている野草「オオイタドリ」が含まれているのです。

オオイタドリ.jpg

オオイタドリとは、北海道の山奥に自生する野草です。
マイナス40度にもなる厳しい環境の中で生き延びている、生命力にあふれた植物です。
オオイタドリには「レスベラトロール」などのポリフェノールが含まれており、痛みを和らげたり、関節のケアに重要な成分であることが近年の研究で分かってきました。


それだけでなく、Ⅱ型コラーゲンや赤ショウガ、清酒酵母、コンドロイチンなど、
関節思いの成分や血流をよくする生薬も含まれています。


口コミ情報も寄せられており、調子がいいとの内容が目立ちます。
>>「イタドリ」の口コミ情報はこちら

関節痛やリウマチの痛みでお悩みの方、是非チェックしてみてはいかがでしょうか。
また、お買い得に購入するための情報もご覧ください。
初回割引や保証の内容も確認できます。
>>「イタドリ」をお得に購入するには







posted by 自然は看護師るか子 at 16:06| Comment(0) | サプリでリウマチ改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

リウマチを遺伝子レベルでケアするサプリが開発されたって本当?

遺伝子レベルでリウマチをケアできるなんて、夢みたいな話だと思っていました。
長いことリウマチに苦しんでいる方や、何をやっても改善しなかった方には、
「こんなうまい話はない」と思われても仕方ありません。


・・・しかし!!!
驚きの情報を入手しました。

関節の痛みを引き起こす
直接の原因物質が発見されたのです。



その物質とは、「シノビオリン」という遺伝子物質です。
このシノビオリンは、ミトコンドリアの働きを阻害してしまうことが発見されました。

そこで、このシノビオリンに注目し、ミトコンドリアの活性と増殖を研究したサプリメントが開発されました。
それが、「アンチノビン」というサプリメントです。



朝のつらいこわばりや、階段の上り下り、立ち上がりなどの、健康ならばなんともない動作ですが、リウマチ症状が強く出ているときは、とてもつらい動作ですよね。
関節にナイフが刺さったかのようなズキズキ。
関節を動かすことができない苦痛。
何をやってもつらいので、動くのがおっくうになってしまうくやしさ・・・。

174949.jpg

そんなつらい毎日とおさらば出来るのならば、どんな方法でも試してみたい!
そんな方も少なくはないはずです。

しかし、なんでもいい、というのはちょっと危険で、
効果がないものや安全性に疑問があるものもあります。
そこはしっかりと吟味する必要があります。


一番理想的なのは、効果があって安全な方法ですよね。
そこで、この「アンチノビン」の効果と安全性についても調べてみました。


アンチノビンの効果に関しては、東京医科大学教授の監修の元に研究開発されたサプリなので、その効果は研究により検証されていますし、
安全性に関しても、節々の痛みに効果的とされている植物エキスを配合して相乗効果を生み出しており、安心できる成分であることがわかります。また、日本国内に19もの施設や病院等でも利用されています。


安全性、そしてその効果も認められているサプリメントなんだということがわかりました。




こんな商品があるのなら、あのつらかった時期に早く試してみたかったな~
なんて思っています。

なので、今つらい思いをしている方に、こんな商品があるんだということをお伝えできればと思います。

>>「アンチノビン」はこちらから購入できます





posted by 自然は看護師るか子 at 21:02| Comment(1) | サプリでリウマチ改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

リウマチを治したい方にお勧めの本ランキング

リウマチを治したい!
そんな方にお勧めの本を紹介します。

実際に私が読んでためになった本です。
私は4年前にリウマチを発症し、一時期はベッドからの起き上がりもできないまでに悪化しました。
移動するときは父親や弟がおぶってくれ、お風呂やトイレは母や妹が介助してくれました。
電動ベッドを購入し、完全に要介護状態。
しかも、毎日毎日全身の関節の痛みに苦しめられていました。
夜は痛みで熟睡できず、2時間おきに起きて寝返りをするのですが、
ちょっとでも関節が動けば激痛が走るので1ミリずつ関節を動かして、
泣きながら体の向きを変えていました。
あまりにもつらいときは、家族に来てもらい、向きを変えてもらったり、
クッションを使って楽な体制にしてもらっていました。


そんな私が、今では発症前と変わらずに動き回れるようになっています。
その間には、たくさん勉強し、努力をしました。
その中でも、「心の持ちよう」が大切だということを痛感しましたので、
今回は、どのような気持ちをもって闘病すればいいのか、
体験談も交えてお話しします。
参考になればと思います。


これまでにたくさんの本を読んできました。
その中でも、特に感動し心を動かされ、今でも意識している本がいくつかあります。

1位:アナスタシア(ウラジミール・メグレ著)


こちらは1~5巻まで翻訳されて日本で販売されています。
今までの人生で一番心を動かされました。
世界各国で翻訳され、ベストセラーになっている注目の本です。
病気とは何か、人間の生きている意味とは何か、現代社会の問題点とは何か。そして解決策とは。
子育てとは、愛とは、などなど幅広い分野に触れられているのですが、一番重要なのは「想像して創造する」ということだと述べられています。自分自身がどうなりたいのかを具体的に思い描くことで、それが具現化され、現実となっていくのです。信じられない話かもしれませんが、これはすべて実話です。
人生で一度は読んでもらいたい、おすすめの本です。


2位:ちっちゃいおっちゃん


心の持ちように関しては、とても分かりやすくて、すらすら読んてしまいました。
ユニークな物語に例えて、わかりやすく心の持ちようを説明されています。
将来どうなりたいのかは、自分次第。
自分が思い描けばその通りに行くのだということが、わかりやすく記載されています。
本を読むことが苦手な方、難しい本は読みたくない方にもおすすめです。


3位:運命が変わる 未来を変える


嫌なことがあったら「ありがとう」、いいことがあったら「感謝します」-「ツキを呼ぶ魔法の言葉」は、なぜ人生を好転させるのか?その秘密をベストセラー作家と医師で気功の研究家の2人が、「想い」「言葉」「行動」の3つをキーワードに解説。病気の治療でも是非お勧めしたい本です。私自身、著者の一人でもある矢山医師から教えてもらったことが、この本に詰まっています。

4位:絶対よくなる



やってもやってもいいことがない人へおすすめの本です。病気の治療にも同じことがいえると思います。
人生が変わる魔法の口ぐせ「ツイてる」を唱えよう。唱えるだけでなぜかウマくいくようになるよ。



5位:夢をかなえるゾウ


ベストセラーになった、あの有名な本ですが、病気の治療にも同じことがいえると思います。
思い描き、どうなりたいのかを具現化することで、病気も改善に向かっていきます。



リウマチを治すためには、あの栄養素がいい、この健康法がいい、と必死になっていた頃はただただきつかったな~と思い出しました。
リウマチになった生活習慣をただし、必要な栄養素を補うことは大切なことです。
しかし、そればかりに没頭しては行き詰ってしまいます。
それよりも、一番大切なことを忘れていたのです。

それは、「心の持ちよう」です。
ただただ必死になっていた頃は、早く治したいと焦ってしまい、心の持ちようなんて考えてもいませんでした。それが今、それほどがんばってはいませんが、心の持ちようを変えたことで、一気に快方に向かいました。
そして今、毎日がとても楽しく、生き生きとできています。
もちろん、薬は一切使用しておらず、もう病院にも長いこと通っていません。
なのに、痛みは全くありません。


多くの人に伝えたい・・・。
当時の私のように痛みに苦しみながら、焦って治療法を片っ端から試している方に、
大量の薬を飲んでもよくならずに悩んでいる方に。

是非、上記で紹介した本を参考にしてみてください。


posted by 自然は看護師るか子 at 21:54| Comment(0) | 心の持ちよう | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

リウマチ3大成分配合『ニコラプロ』の効果とは?

リウマチに効く有効成分って何なのでしょうか。
グルコサミンやコンドロイチンなど、関節の健康に必要な栄養素だといわれていますよね。

ひざの痛みや腰痛、四十肩・五十肩、リウマチなどで悩んでいる方にとっては、どれが一番必要なのか、
とても興味深い情報だと思います。

自分には何の栄養素が足りないのか、ということがわかればいいのですが、
なかなか何が必要なのかってわからないものです。

そんな時に、こんなサプリを見つけました!
関節痛・リウマチに『ニコラプロ』



非変性Ⅱ型コラーゲン
非変性プロテオグリカン
キャッツクロー

これらの3大成分が含まれています。

2型コラーゲンとは、コラーゲンの種類(1型、2型、3型)の中でも、軟骨に存在するコラーゲンが2型コラーゲンです。

その、2型コラーゲンの非変性とはいったい何なのでしょうか。
コラーゲンは、主にtひゅう出加工の際、熱を加えることにより、もともとのコラーゲンの型が変化を起こしてしまいます。「非変性」とは、特殊技術を用いることにより変化を与えず、コラーゲンそのもの、いわゆる生の状態で抽出したものです。
より関節成分に近い、コラーゲンということになります。


非変性であることにより、分解吸収されずに腸まで届き、そのままの状態で吸収さえることで、関節に対して有効的に機能するのです。
>>非変性Ⅱ型コラーゲンの働き


非変性プロテオグリカンとは、ゲル状の状態で、関節で保水緩衝剤の役割がある、関節のクッションの枠割を果たしている物質です。
わずか2%のプロテオグリカンでも、80%もの保水ができるといいます。



最後に、関節の炎症に注目されているキャッツクローとは、
1994年にWHOで副作用もなく抗炎症作用のある薬用植物として認定されています。
一部のヨーロッパ諸国では、抗炎症薬として認可されている成分です。



たくさんの口コミが寄せられています。

●61歳 男性
数年前からひざの痛みが激しくなり、大好きな旅行も足がとうのくようになりました。
グルコサミンなどをいろいろ試していたけど全然よくなる気配はありませんでした。
ラジオで紹介されていたニコラプロを知って、注文しました。
ちょうど1袋なくなることになんとなく体が軽くなったように思い、定期コースを続けてみることにしました。
3か月たった今では、毎日の散歩も楽しくできるようになり、気兼ねなく旅行にも行けるようになりました。今となっては、あのひざの痛みがうそのようです。これからも飲み続けます。

●42歳 女性
若いころから首や肩の痛みからくる片頭痛で、毎日鎮痛剤実頼りながら過ごしてきました。
あるとき知人から二コラプロを進められて飲み始めました。
10日くらいからまず、首や肩の痛みが和らぎ始め、今では痛みもなく、片頭痛も全然しなくなり、快適に過ごせるようになり、あんなに鎮痛剤が手放せなかったのが、今ではうそのようです。


●49歳男性
病歴はリウマチで2年くらい患っています。
二コラプロを飲み始めてもうすぐ3か月になります。
全身関節のズキズキした感じがなくなったように思います。
特に朝のこわばりが2~3分にまで軽減してずいぶん楽にいなりました。


テレビメディアでも紹介されている、今注目の関節痛サプリだといえますね。


下記の販売サイトからなら、20%オフで、さらに初回限定1袋プレゼントのキャンペーン中ですので、
気になる方はチェックしてみてくださいね。
>>二コラプロお買い得サイトはこちら


ニコラプロ

posted by 自然は看護師るか子 at 21:49| Comment(0) | サプリでリウマチ改善 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

毒出しって何?病気を治す体のメカニズム

リウマチを改善するにあたって、「毒を出そう」ということをたくさん触れてきました。
冷え取り健康法でも、「毒だし」のために半身浴や足湯、天然素材の靴下の重ね履きなどを推奨しています。

しかし、ここでいう「毒」とはいったい何のこと?
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、リウマチ克服のために重要な、「毒」についてお話します。



まずは、「毒出し」の仕組みからお話しします。
例えば、腐ったものやウイルスなどの体にとって毒となるものを食べると、体はそれを出そうとする反応が起こります。
まずは胃が毒を出そうと吐くように命じます。
それでも通過してしまった毒は、腸が出そうとして下痢を起こします。
このように、吐いたり下痢をしたりすることは、体の正常な毒出しの反応なのです。

それでもとどまり続けた毒は、血液中に入ってしまいます。
血液中に入ってしまった毒は、もう一度排泄のチャンスがあります。
それは、皮膚から出すことです。
アトピーや肌荒れは、毒を排泄するための体の反応なのです。

032a5b7ab97ff7c4658dd471da85331a_s.jpg

このような毒を出そうとする反応を、薬を使って押さえつけたとします。
果たして毒はどうなるでしょうか?
薬は対処療法(一時的に症状を和らげる)でしかなく、毒を排除することはできません。
体の毒を出そうとする大切な毒だし反応を抑えてしまうのです。

もうお分かりですよね。
薬を使うと、毒は排出されることなく体にたまってしまうのです。
すると、リウマチだけでなく様々な原因不明の難病やガンといった形で出てきてしまいます。



次に、毒だしの「毒」とはいったい何なのかをお話しします。
それがわかれば、「毒」を取り入れないような生活をすれば、リウマチだけでなくアトピーや難病、ガンなどの疾患も予防ができちゃいます。

ここでいう毒とは、「毎日溜まっていく体にとって好ましくないもの」のことです。
その毒には3種類があります。

①物質的な毒
農薬や添加物、電磁波、放射能などの体の外から受ける毒です。
主に食品や呼吸、皮膚から入ってきます。
この物質的な毒は、できるだけ気を付けていれば予防することができます。
食品添加物を使用した食品を避ける、無農薬の野菜や果物を食べる、
携帯電話やパソコンの長時間利用を避け、電磁波対策をする、
放射能対策をする、
などの意識をしていくことが大切です。

②血行不良のために体内にたまった老廃物
体の老廃物は本来なら排泄されるのですが、血流が悪かったり内臓の冷えなどで排泄が滞ってしまいます。
毒素の蓄積は、便秘やむくみなどの身体的な変化だけでなく、その他の内臓を圧迫したり弱らせたり、あらゆる病気の原因になったりと、放っておくと危険な症状や病気を引き起こしかねません。
小食と食べ物の質、そして体を温めることで改善できます。

③ストレス
気のもつれなどの精神的な毒は、体の正常な働きを狂わせます。
病は気からといわれるように、精神的に追いつめられると病気になります。
イライラしたり起こったりして頭に血が昇ったり、ストレスで体調を崩したり・・・。
体と心は密接につながっています。
ストレスをためない工夫をしたり、ストレス発散の場所を探したり、
またはマイナス思考の考え方を変えることも大切になってきます。

20b83031eee2fb216c1d412852230b0e_s.jpg

このように、体にたまってしまう「毒」には様々な種類があります。
日々生活をしていくと、必ずしも溜まってしまうのですが、
それをいかに取り入れないようにするか、そして排出するか、が大切なのです。
日々の生活を見直してみましょう。
病気の原因は、毎日の生活の積み重ねの中にあります。
原因不明と言われているリウマチや難病だって、原因はあります。

その生活を続けた結果が病気につながっているので、
何がよくなかったのか、どこを改善すればいいのかを考えることが大切です。

私の場合は、食生活を大幅に見直しました。
今までは市販のお菓子や加工食品などの食品添加物た大量に使われている食べ物でも平気で食べていましたが、それをすべてやめて、無添加で命ある本物の食べ物を選ぶようにしました。
野菜や果物もできるだけ無農薬を選んでいます。

そして、生活習慣も改善しました。
夜勤のある仕事を辞めて、体に負担のない勤務時間に調整してもらい、
ストレスをためないよう、好きなことをとことん追求して日々挑戦しています。

すると、体調も改善し、寝たきり状態の重症なリウマチでしたが、すっかり元気になることができました。
もちろん、ステロイドや抗リウマチ薬は一切使用しておらず、今では病院にも通っていません。

自分の体のことは、医者でも看護師でもなく、自分が一番わかっているはずです。
なので、自分の健康は他人任せではなく自分自身で守ること
それが病気を克服するうえで必要なことだと感じています。


>>ミドリムシと酵素の毒出しサプリ「みどり酵素」

posted by 自然は看護師るか子 at 16:28| Comment(0) | 冷え取り健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする