2016年03月04日

プチシルマでリウマチの痛みはとれるのか。

プチシルマの原点は、東洋医学です。
東洋医学の針きゅう治療は、体のツボなどを刺激することにより、体の状態を変化させたり、病気の症状を和らげたりする医療です。
古代中国において考えられたとされ、今でも続く治療法です。

ずっと続いている、ということは、それだけ効果があるということです。
効果がないものなら、何千年も続くことわけがありません。
流行ったとしてもすぐにすたれてしまうでしょう。

そうではく、代々受け継がれている治療法って、とても素晴らしいものなので
現代になってからも見直されているのです。

プチシルマも、このメカニズムに基づくものであり、ツボに張って刺激しコリを緩和させるというものです。ゲルマニウムから作られているため、繰り返し使うことが出いて経済的でもあります。

楽天デイリーランキング2位ということは、とてもすごいことです。
膨大な量の商品が販売されている中でも、それらを抜いて2位になるとは、
相当な効果があるはずです。

初回購入だけでなく、リピーターで購入する人も多いようです。


では、リウマチの痛みに関しては、プチシルマで改善できるのでしょうか。

ゲルマニウムには優れた鎮痛作用があります。
しかも、モルヒネなどの麻薬のように習慣性、耽溺性が無いため長期間に渡って服用しても体への負担はかかりません。
鎮痛作用のメカニズムは研究中ですが、現段階で有力とされている説としては
ゲルマニウムはオピオイド(モルヒネのような鎮痛作用を示す神経ペプチドで、体内の神経系に広く分布しています)を助ける作用があるか、オピオイドの代謝に関係していると考えられています。


関節リウマチは前述の通り、リンパ球やマクロファージなどが何らかの原因で暴走してしまい正常な細胞を攻撃したり、破骨細胞(骨を壊す細胞)を過剰生産して骨を壊してしまう病気です。

ゲルマニウムは免疫機能が衰えたときには活性化させるように作用しますが、暴走した場合には、免疫機能を抑えて正常な状態に戻すように作用するのです。
つまり、疫機能を正常に保とうとする働きをするのです。

更に、余分な破骨細胞を抑えるインターフェロンγの産生を促すことで骨の破壊を押さえ、更に骨量を増やすことで関節リウマチの症状の改善を期待できます。
インターフェロンγは、免疫機能を活性化させるだけではなく過剰生産された破骨細胞を正常な状態に戻す効果もあるのです。


また、ゲルマニウムは、骨の再生を助ける作用があります。
破骨細胞による骨の破壊(骨吸収)と骨芽細胞による骨の形成(骨形成)のサイクルを整えてくれます。


ゲルマニウム温泉がリウマチに効く!
ということをよく聞きますが、温泉成分に溶け込んでいるゲルマニウムが
こんな働きをしてくれるのですね。

更に温泉は、体を温めるので、ゲルマニウムの作用と血流が良くなる作用で、
相乗効果なのでしょう。



まずは、傷むところに張ってみることですね。
傷んでいる場所は、血流が滞って老廃物が停滞しているのです。
老廃物を早く流して痛みを改善させる必要があります。

そこで、このプチシルマを貼って痛みを和らげましょう。

→プチシルマ激安サイト






posted by 自然は看護師るか子 at 14:48| サポーターで関節痛予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

肘の痛みを改善する万能なサポーターを紹介します。

肘の痛みを軽減するサポーターがあることをご存知でしょうか。

腕のねじれを補正して、自然と胸を開く姿勢になります。
姿勢を正して、腕のゆがみを補正することによって、痛みが軽減出来るのです。


ご自分用やご家族用として、またはプレゼントとしても大変喜ばれる商品です。


姿勢が悪いと、本来の場所ではないところに骨や筋肉がきてしまい、その「ズレ」から血流が滞ってしまいます。
すると、肩が凝ったり頭痛や冷え性などの様々な症状の原因になります。
更にはリウマチの痛みの悪化にもつながります。

また、骨のゆがみがあると、不必要に関節がすり減ったり、変な方向へと曲がって腱やスジを痛めてしまったりと、痛みを発症しやすい体になってしまいます。



腕の関節が痛むと、肘関節の曲げ伸ばしが困難になるため、手を使った動作が困難になります。
日常生活の中で手を使う動作なしでは、一人で生活をしていくことが出来ません。
例えば、手を使わないでトイレに行けますか。
顔を洗えますか。
食事を食べられますか。


このように肘関節は日常生活動作にとても重要な関節であり、ここが痛むとかなり生活が不便になります。
そのため、今痛みがある方は、痛みの改善とこれ以上悪化させないために、痛みがない方は痛みを予防するためにも、肘関節は大切にする必要があります。

特に、痛みのある方の場合は特に注意が必要です。
少しでも早く改善するための治療をする必要があります。

怪我や骨折、急性の炎症などで安静を必要とする場合でなければ、関節を動かすことで血流が良くなり痛みの軽減につながります。
しかし、痛む場所を動かすとなると、自分一人では辛くて大変です。
そこで、関節の負担を軽減して動きをサポートしてくれる万能なサポーターの出番です。

私がお勧めするのは、「バイオめかサポーター肘関節Ⅱ」です。
鍼灸師が考案したサポーターで、この独自の理論と装具の開発等が評価され、日本文化振興会より社会文化功労賞を受賞しているサポーターです。



バイオメカサポーターの効果は以下の通りです。
★自然と胸を開く姿勢になります。
★腕の使い方が正され、肩、肘、手首の様々な症状に。
★肩こりが楽になり、長時間のパソコン作業でも疲れにくい。
★腕の運動性が向上し、仕事、スポーツでの効率アップ。
★姿勢がよくなります。
★バランスの良い上半身になります。
★姿勢が良くなり、美しい歩行に。



そんな万能なサポーターについて詳しく知りたい方は、こちらにどうぞ。







posted by 自然は看護師るか子 at 15:27| サポーターで関節痛予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

膝の痛みを改善すると人気の磁気サポーターを紹介します。

磁力で血行を良くししっかり固定が出来て、痛みが楽になると評判の膝サポーターをご紹介します。
ただの膝サポーターとは訳が違います。

磁力の力で関節周囲の筋肉や筋の凝りをほぐし血行を良くするので、リウマチで血行が滞り痛みと腫れがある足を、改善してくれることが期待出来る磁気サポーターです。


年齢による辛い膝の痛み、
怪我による長引く痛み、
リウマチによる炎症と痛み、
神経痛や筋肉痛による痛み、


このような痛みはありませんか?
またはご家族や親戚の方でこのような症状にお悩みの方はいませんか?

ご自身用だけでなく、プレゼントとしてもとても喜ばれること間違いなしの商品です。



痛みの原因には様々ありますが、どの痛みにも血行の促進と膝関節固定が重要になってきます。


では、血行が悪いとなぜ痛みにつながるのでしょうか。
血行が悪いと身体に老廃物が蓄積し、関節が弱い方なら関節に炎症が起こりやすくなります。関節の炎症はリウマチという形で発症します。
血行障害により冷えが起こると、痛みの原因を取り除くスピードが遅くなり痛みの改善が長引きます。
怪我などにより筋肉や筋が損傷を受けていても、血行が悪いと傷の治りが遅くなります。

要は、身体を温め凝りをほぐして血流を良くすることが、リウマチなどによる膝の痛みの軽減につながるということがわかります。

そのためにも、血流をよくする「磁気付き膝サポーター」をお勧めします。


普通のサポーターとはどこが違うのでしょうか。

永久磁力が内側の膝関節周りに4つ配置されており、血行を良くするために働いてくれます。
丈夫な生地でしっかりの膝関節を固定することが出来て、肌への負担が軽減出来る作りになっています。
更に曲げのばしにも強く、両サイドには膝用に開発されたコインボールが入っており、曲げ伸ばしがしやすくなっています。


沢山の口コミも載っていますので、是非参考にしてみてください。


posted by 自然は看護師るか子 at 21:51| サポーターで関節痛予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月21日

磁気の膝サポーターでリウマチによる膝の痛みを改善させる!

膝の痛みをとる磁気サポーターという商品があるのをご存知でしょうか。
ただのサポーターとは訳が違います。

磁気と遠赤外線とシルクの3つの力で、ハリや凝りを和らげ、血流を改善させる効果があるサポーターなのです!
リウマチ患者には必見!こんな商品があったらいいな〜と思っていたところ、みつけました!


リウマチの痛みの原因は、関節内に炎症が起こり関節液が溜まってしまうためです。
痛みを早く改善させるためには、関節内に溜まった関節液をいち早く排除する必要があります。

関節液を除去するには、注射をして関節液を抜くという方法もありますが、関節内に直接貼りをさすため、痛みを伴い、穴があくため細菌が侵入してくるリスクを伴います。そうではなく、痛みとリスクを伴わない方法が、血流を良くすることです。


血流を良くすることで、細胞内に溜まった老廃物も、血流にのって去っていくので、関節内に溜まった関節液も血流に乗って除去されていきます。関節液がなくなった関節は痛みも改善されます。


リウマチ体質の人は、もともと血流が滞っている傾向にあります。
そのため、関節内に毒素(細菌や有害化学物質など)が溜まってしまい炎症を起こしてリウマチを発症してしまうのです。
リウマチの痛みを改善させようとするのなら、まずは体質改善で、血流を良くすることが必要です。


そこで、注目したいのがこの磁気サポーターです!


膝からふくらはぎにかけて続いているレッグウォーマーのようなサポーターなので、足全体を覆うことが出来ます。
特にふくらはぎは第二の心臓と言われるくらい血流に重要な役割を果たしています。
ふくらはぎの筋肉の収縮により心臓より下にある足に溜まった血液を上に送り出すポンプの働きをしています。
そのふくらはぎもあたため、膝には磁気が埋め込まれたサポーターですので、血流改善ととことん考えて作られた商品なんだな!と思います。


リウマチの痛みを改善したい方、まずは膝の磁気サポーターで血流を改善させ、体質を改善し痛みを和らげてみませんか。


ここに、もっと詳しく商品についてのページがありますので、是非チェックされてみてください。




posted by 自然は看護師るか子 at 22:33| サポーターで関節痛予防 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする