リウマチが貧血を合併しやすい理由とその予防

リウマチになると貧血になりやすいということがわかっています。 関節リウマチ患者の6割以上に軽度から中程度の貧血症状がみられます。 貧血の種類としては、炎症性貧血、鉄欠乏性貧血、腎性貧血、骨髄性貧血が挙げられます。 炎症性貧血とは、関節リウマチの慢性的な炎症によって産生され増加した炎症性サイトカイン(炎症反応物質)が、骨髄での造血を抑制したり、赤血球の寿命を短くすることで起こる貧血の…

続きを読む