2017年02月11日

玄米豆乳ヨーグルトの作り方:アレルギー撃退!

リウマチもアレルギー疾患の一種です。
アレルギーを予防するためには乳酸菌がよい、ということは周知の事実となりましたね。

花粉症やインフルエンザシーズンには、R-1ヨーグルトが品切れ状態が続いています。
乳酸菌などの善玉菌は、腸内環境を整えてくれるので、免疫力が上がり、風邪やアレルギーを予防できるということですね。

リウマチも同様に、免疫力を正常化させるためにも腸内環境を整える必要があります。
そこで、乳酸菌は積極的に取り入れたいところです。

しかし、一般的なヨーグルトは牛乳からできています。
牛乳が体に合わない人や、牛乳を飲みたくない人、マクロビオティックなどで動物性食品を控えている人には、
玄米豆乳ヨーグルトがおすすめです。

作り方はいたって簡単!
これから、玄米豆乳ヨーグルトの作り方を、写真付きで説明していきます。

【玄米豆乳ヨーグルトの作り方】
①玄米はできるだけ無農薬を準備します。
②密閉できる瓶に、玄米大さじ1程と豆乳200CCを入れます。
分量はだいたいでOKです。適当でもちゃんとできます!
IMG_1303.jpg

③常温で(夏場は冷蔵庫で)2~3日置きます。

④どんどんとろみがついてくるので、あとはお好みの固さでお召し上がりください。
あまり漬け込みすぎると、発酵が進みすっぱくなります。
IMG_1304.jpg


どうでしょうか。
とっても簡単ですね。
牛乳でつくるヨーグルトは、40℃で1日置かなければなりません。
カスピ海ヨーグルトなら常温で大丈夫ですが、どんどん継ぎ足していかなければなりません。
ついつい忘れてしまい、カスピ海の元種をだめにしてしまいます。(よくやらかしました・・・)

しかし、玄米豆乳ヨーグルトの場合は、玄米と豆乳さえあれば、いつでもどこででも気まぐれでも簡単に作れます。
元種も入れずになぜヨーグルトになるのかというと、
玄米にはたくさんの酵素があります。
また、酵母などの善玉菌も表面についています。
つまり、天然酵母の要領ですね!
そのため、時間を置くと自然と発酵してヨーグルトのようになるのです。
まさに、玄米のパワーを倍増した食べ物になっているのです!

免疫力アップや、難病の克服に、取り入れてみてはいかがでしょうか。






スポンサーサイト
>>新しい乳酸菌のサプリはこちら
posted by 自然は看護師るか子 at 19:11| Comment(0) | 食事の改善でリウマチ撃退! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月19日

断食でリウマチが劇的に改善する理由

食べ過ぎるとあらゆる病気の原因となると言われていますが、リウマチも例外ではありません。
だべ過ぎてしまうことによりリウマチを発症したり、悪化させる原因になりかねません。

自然療法家で有名な船瀬俊介氏の著書にも断食で様々な病気が治ってしまうという本があります。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

その著書によると、断食療法でリウマチが良くなることは、ドイツのバッハ博士が発表しているのです。
断食によって次の免疫反応が起こり、リウマチが改善すると言います。

①免疫抗体(IGAなど)が上昇
②好中球の最近活性の上昇
③NK細胞の増加


断食をすると、このような反応が体の中で起こります。
つまり、食事を断つことで免疫力が劇的にアップするのです。

エネルギーを断つことで、体は危機的状況だと判断し、通常の防御機能を活性化させ、生命を維持させようと働きます。これにより、リウマチの痛みは劇的に改善すると言います。


では、どのようにして断食をするのでしょうか。
自宅でもできる断食として、以下のものがあります。
①朝食断食
その名のとおり、朝食を抜く方法です。前日の夕食を早めに済ませ、朝食を抜くことで半日断食をしたことになります。一番負担が少なく実践しやすいのが特徴です。
16~18時間の断食ですが、胃腸が休まり消化酵素の消費が抑えられます。
断食の間に摂るのは水分です。
特に効果を出したかったら、酵素ドリンクを飲むことです。
体内の消化酵素の消費が抑えられた上に、体外からも酵素を補うのです。
消化に酵素を当てなくていい分、その他の細胞の代謝や病気の改善にあてることができます。
体の調子が悪い、スッキリしない、内臓が重い、などと少し気になる症状があれば即実践してみましょう。

②1日断食
朝、昼、晩を通して、固形物を食べずに水分と塩のみを補います。
朝食断食よりも効果があり、自宅でも比較的実践しやすい方法です。
ここでも酵素ジュースを補うとより効果が高まります。
酵素ジュースのほかにも、大根おろしやキュウリ、セロリを塩や味噌をつけて食べても構いませ。
疲れ体調も24時間の断食で休まり、体内の毒素もしっかり排出できます。
月に2回ほど行うのが目安です。

②2日断食
自宅で行うには多少の忍耐が必要な方法ですが、効果は抜群です。
基本は1日断食と同じで、2日続けて行います。
酵素ジュースまたは野菜や果物のすりおろしをどこかの食事で加えてもいいでしょう。



全く食物を食べずに水と塩だけだとかなり効果がありますが、途中で座絶したり忍耐がいる方法なので、上記のように途中で果物や野菜のすりおろしを食べることで、負担なく続けることができるでしょう。



現代は、食であふれており飽食の時代と言われています。
病気になれば病院に行って薬を飲めばいい、と考えている人がほとんどだと思いますが、
今では医者でも薬でも病気を治せません。
それでも、病気になったら病院に行けばいい、医者にすがって薬に頼る、というマインドコントロールのようになっています。

病気は自分自身の免疫力しか治せません。
病気にならないためには、日ごろから免疫力を高める食事や生活習慣を送る必要があります。

病気になるごとくして病気になり、医者にすがるのはいかがなものでしょうか。

まずは、基本的なことですが、食事を見直してみましょう。
病気になったら、食事をとらずに体を休めましょう。
食べ過ぎるから胃腸が疲労して免疫力が弱り、病気が治りにくくなるのです。

酵素八十八選

酵素をサプリメントで補うなら
>>みやびの植物酵素100
関節をいたわるヒアルロン酸を補うなら
>>低分子ヒアルロン酸
posted by 自然は看護師るか子 at 16:15| Comment(0) | 食事の改善でリウマチ撃退! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月24日

昆布のヌルヌル「フコイダン」がリウマチに良い理由

フコイダンとは、海藻の表面の「ぬるぬる」のことです。
モズクやワカメ、めかぶなどの表面には、ぬるぬるとしていますよね。
ここにフコイダンの成分が含まれているのです。

食物繊維の一種で、海藻のぬるぬるから抽出されており、
主にタブレットやドリンクなどのサプリメント食品として販売されています。

このぬるぬる成分は、海藻自身が自分を守るために作り出した成分で、
その修復力と防御力はとても優れています。
例えば、ワカメなどの海藻が、流れてきた鋭い石などに切りつけられ、海の中で傷ついたとします。
するとこの表面のヌルヌル成分がその傷口を覆い、細菌の侵入を防いでくれるんです。

このように、自分を守り遺物の侵入を防いでいるぬるぬる成分は、
私たちの体でも、同じような効果を発揮してくれるとして注目されているのです。


先日の世界一受けたい授業では、
免疫力を上げる食べ物ベスト3として
①玄米
②れんこん
③めかぶ


として紹介しています。
この中にめかぶがありますが、「めかぶ」のぬるぬる成分であるフコイダンが免疫力を上げてくれる成分だとして、注目が集まっているのです。

IMG_8708.JPG
IMG_8709.JPG

最近では、フコイダンエキスをガンなどの病気対策に利用する人も増えているようです。
リウマチにも同じことがいえます。
免疫力を上げて、体内に蓄積されたリウマチの原因である有害化学物質などを除去することで、
リウマチの症状を改善しようというものです。


ここで参考までに、リウマチの原因を紹介します。
①金属汚染
②電磁波
③潜在感染
④化学物質(食品添加物、農薬、合成洗剤など)
⑤精神的ストレス


※参考文献



免疫力を上げると、これらのリウマチの原因を免疫細部が除去してくれます。
そのため、リウマチの痛みを改善するためには、
免疫力を上げる必要があります。


フコイダンエキスの力を利用するのも一つの良い方法です。

痛み止めや抗リウマチ薬、ステロイドなどの薬は、免疫力を極限まで下げてしまう薬です。
免疫力を下げて炎症を抑えようとする考え方ですが、これではリウマチの原因が取り除けないばかりか、
免疫力を下げて血流を悪くし、体を冷やすので、リウマチは良くなりません。
薬で症状を一時的に抑え込んでいる、といえるでしょう。


自分の健康は自分で守る。
出来ることは身の回りにもたくさんありますので、
是非治療法の視野を広げてみてください。
薬だけが治療法ではありませんからね。

→フコイダンエキスの効果はこちら





→昆布の恵みお買い得サイト



また、もっとしっかり海藻そ食べたい!という方にお勧めなのがこちら。
スーパー海藻アカモク「千寿藻」
見た目も海藻!という感じで、見るからに健康に良さそうですよね。
ちょっと気になる商品です。



posted by 自然は看護師るか子 at 21:33| 食事の改善でリウマチ撃退! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月17日

玄米のLPSで免疫力アップ!世界一受けたい授業でも話題に

玄米には、ミネラルや食物繊維、ビタミンなどの栄養素が豊富に含まれています。
美容や健康に良いとして、多くの方に知られています。

しかし、玄米のすごい効果はこれだけではありません。
免疫力をあげる効果があるとして期待されているのです!

近年の研究で、免疫力を上げるために必要な成分が分かってきました。
それが、LPSです。
玄米の周りについているヌカには、このLPSがたくさん含まれているのです。
そのため、玄米が免疫力を上げるために一番お勧めしたい食材たとして、世界一受けたい授業でも紹介されています。
IMG_8710.JPG

リウマチを克服する際に、食事に気を付けることが重要です。
リウマチの炎症によりビタミンやミネラルが不足してしまいます。

そこで、炎症反応を早く改善させるためにも、ビタミンやミネラルを補給していく必要があります。
そこで、お勧めしたいのが、玄米食です。
いくら玄米だからと言って、農薬のついた玄米を食べることは逆効果なので、
必ず無農薬・もしくは減農薬の玄米を食べるようにしましょう。




→玄米酵素雑穀セット

玄米は体にいいとわかってはいるものの、玄米は硬くて食べにくい、飽きてしまう、
などの理由から、長続きしない方が多くいらっしゃいます。

たしかに、白米に比べ、玄米は歯ごたえがあります。
炊き方によっては、硬くてぼそぼそになってしまい、食べにくく感じる場合もあります。

しかし、美味しくたけた玄米は、こんなにもちもちで味がしっかりあっておいしいのか!
と驚くはずです。
要は、玄米の炊き方に問題があるのです。


玄米を美味しく炊くには、一般的な炊飯器の玄米モードでは、火力が十分に得られず、感動する炊き上がりにはなりません。そこで、お勧めなのが超圧力炊飯器です。




特に、なでしこ健康生活の超圧力炊飯器なら、業界最高の、1,8気圧という超高圧力で炊き上げることが出来ます。

硬い玄米でも、ふっくらもちもちに炊き上がるのです。
雑誌や各種メディアで紹介されて話題になっている超高圧炊飯器です。

炊飯器と圧力鍋とホームベーカリー機能がすべて入っているとのことなので、
お米を炊くだけでなく、あらゆる料理に活用できますね。


また、玄米は栄養は豊富で体にいいとされていますが、しっかり噛んで消化しないと、
せっかくの栄養素も吸収されません。
ちゃんと炊けていない硬い玄米では吸収されてくいのです。

しかし、高圧力で炊くことで、噛みやすく消化しやすく柔らかい玄米になるので、
玄米の栄養素をより効率よく吸収できて、美味しくいただける、というわけなんですね!


また、玄米を発芽させると、栄養価がさらに高まります。
水に浸して一晩、冬なら二晩ほど置いてください。
水はこまめに変えましょう。
すると、少し玄米が膨張して、胚芽の部分が膨らんできます。
こうなると、発芽しようとしているサインです。
栄養分が最大限に膨らんでいますので、食べ頃です。

また、「ファンケルの発芽玄米」も、商品としてありますので、
発芽させるのは面倒だな、というかたには、手軽に発芽玄米が食べられてお勧めです。




posted by 自然は看護師るか子 at 17:08| 食事の改善でリウマチ撃退! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月20日

リウマチの痛みを改善させるには食べ物に気を付けよう!

これは基本中の基本になりますが、リウマチの痛みを改善させるためには、まずは食べ物を気を付けましょう。

食品添加物農薬のかかった食品は避けて、無添加で本物の食べ物を食べる、農薬のかかっていない無農薬で無化学肥料の有機野菜を食べる、ということが一番大切です。


これらの化学物質は、本来自然界にないものであり、私たちの体には必要のないものです。
戦後、食べ物が不足していた日本では、余った食材やくずのような肉の破片を、
どうにかして食べることができないか、試行錯誤の上、

時間がたっても腐らない食べ物、色あせない食べ物を作り出しました。
薬品を大量に混ぜるだけで、食べ物の生産が簡単になり、保存時間も長くなりました。
食品添加物はとても便利で儲かるため、多くの食材が開発されました。

当時は、小さいころから健康的な食事をしていた人たちにとっては、
食品添加物を摂ることは、なんの問題もありませんでした。
体が強かったから、有害化学物質が体の中に入ってきても、
症状として現れることはありませんでした。

しかし、有害化学物質は確実に体の中に蓄積され、
その子供に、代々体質として受け継がれてしまいます。

その結果、今の日本には、何らかのアレルギーを持った人が
なんと多いことか。
小学校の教室にいる3人に1人はアレルギーがある時代になってしまいました。

また、アレルギーだけでなく、原因不明とされる難病も増えました。
そして、なんといっても一番の弊害は、ガンです。

日本人は世界トップクラスの癌大国になってしまいました。

それは、薬剤加工された食品を多く食べているからです。
海外では使用が禁止されている食品添加物でも、日本では普通に使われている現状です。

ちゃんと安全の基準をクリアしている、といいますが、
1種類だけでしか検査はされておらず、それを毎日数十種類も食べていたら、
果たして健康でいられるといえるでしょうか。

コンビニのおにぎりには、およろ30種類もの食品添加物が含まれているといいます。
日に日に蓄積されていく有害化学物質は、いつかは飽和状態になり、病気を発症します。

そして、アトピーやアレルギー、難病に苦しむお子さんが増えているのです。
要は最近の食生活が病気になる原因とも言えますね。


本物を食べる、当たり前だけどなかなか難しい。
スーパーなどで売られている食べ物は偽物ばかり。
調味料にしても、本物はあまりありません。

食品添加物で味を付け、合成香料で香りを出し、防腐剤や着色料が多量に使われたものばかり・・・。
これでは日本は病気大国になってしまいます。
すでにそのせいで、癌大国ですけどね。

少しでも早く、気づいてほしい。気を付けようと心がける人が増えてほし、病気に苦しむ人が少しでも減ってほしい、そう思います。

まずは、毎日の食事から、変えてみませんか?
食品を買うときには、裏の原材料名を見てください。
そこに、見たことも聞いたこともないような化学薬品の名前がありませんか?
少々安くても、病気になってしまっては元も子もないですよね。

購入するときには気がけるようにしてみるだけでも、変わってくるのだと思います。
本物を作っているところを探してみると、頑張れって応援したくなります(^^)


posted by 自然は看護師るか子 at 00:11| 食事の改善でリウマチ撃退! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

ビタミン・ミネラルの多い食事でリウマチの痛みを改善!

リウマチで痛くなっている関節の中では、炎症反応が起きています。
炎症反応とは、異物が身体の中に入ってきたときに、身体を守るために自己免疫が働き、防衛反応として起こっている反応であり、大切な反応です。
しかし、炎症が起きている間は、赤く腫れて熱を持ち、痛みを伴います。
経験のある方はお分かりでしょうが、リウマチの痛みはとても辛く、日常生活が困難になります。
このような辛い痛みを緩和させるためには、炎症反応を緩和させることが必要ですが、そのために日々の生活の中で出来ることがあります。


ただ炎症を押さえ込めば良いかというと、そうではありません。
無理矢理ステロイドや抗リウマチ薬などで押さえ込んでしまえば、炎症は一気に治まり、治ったと思われがちです。
炎症を無理矢理押さえ込むということは、自分自身の免疫反応を押さえ込んでいることであり、痛みはその場では良くなるかもしれませんが、毒素の侵入に弱い身体になってしまいます。

身体の免疫機構を弱めることなく、身体に易しい方法でリウマチの炎症を押さえるためには、免疫力を上げて毒を除去する働きを助ける食材を取り入れることが必要です。
そこで、痛みの改善に効果的なのが、ビタミン・ミネラルを多く含んだ食事をすることが大切です



●ビタミンの働き
関節で炎症が起ると、ヒスタミンが放出され、活性酸素が発生します。

これが炎症の原因であり、痛みなどの症状をもたらします。
エース(A,C,E) と呼ばれるビタミンがこれらの除去に大きな働きをするのです。

223893.jpg


具体的には、野菜や果物に多く含まれています。
これらを積極的に摂取する、または炎症がかなりひどい場合にはサプリなどで補うことも必要です。
私自身、サプリでビタミンを補っていました。その効果や吸収率にも差があるため、良く検討して選ぶ必要がありますが・・・

●ミネラルの働き
免疫反応の主役は白血球です。
たとえば、マクロファージは外敵の侵入を見つけると捕まえてリンパ球に通報します。
このマクロファージを動かすのがミネラルなんです!!

免疫反応に関わっているマクロファージやリンパ球、形質細胞などの免疫細胞は密接な共同作業で成り立っています。その活動に欠かせないのがミネラルす。

040308.jpg

現代人は深刻なミネラル不足です。
スポーツ飲料を飲んでいるから大丈夫、そう思っていませんか?
スポーツ飲料では砂糖の量が多く、砂糖の過剰摂取は免疫力を低下させてしまうため逆効果です。
更に食品添加物も多いため、効率よく吸収されませんし、人工的に作られたミネラルなので、身体にいいとは言い切れません。
それよりも、天然のミネラルを取りましょう。
普段使っている塩も、昔ながらの製法で作られた天然の塩ならミネラルは沢山含まれています。
また、一番お勧めしたいのが、いりこです。
いりこのだしでみそ汁を毎日飲みましょう!
いりこには多くのミネラルが含まれており、カルシウムも豊富です。
更に味噌も(良い塩で作られた本物の味噌)免疫力を上げるのに効果的です。

ぜひ、毎日の食事にみそ汁を取り入れてみてください!




ブログランキングに参加しています。
よかったらポチットお願いします!

人気ブログランキングへ
posted by 自然は看護師るか子 at 23:13| 食事の改善でリウマチ撃退! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

免疫力を上げる食べ物を紹介します!リウマチの痛みを改善できる

リウマチの痛みを軽減するためには、免疫力を上げて痛みの原因となる病原体の侵入を防ぐことが大切です。
免疫力を上げるために効果的なのは、副交感神経を優位にする食べ物を食べることです。

副交感神経が優位になると、リラックスでき、体温が上がり、血行が良くなり、胃や腸などの消化管がしっかり動くようになります。つまり、免疫力が上がる状態になるのです。
食べるものによって免疫力を上げることも下げることもできます。
要は、病気にならないためには、食事が最も重要なのです。

日本食.jpeg

このように、体温を上げて血行が良くなり、消化管を活性化させる食べ物が、免疫力を上げる食べ物です。


これらの作用を持ち合わせているのが、発酵食品、食物繊維が豊富な食品、全体食品、排泄反射のある食品、身体を温める食品、であり、例えば以下のような食品が挙げられます。


○発酵食品・・・ヨーグルト、納豆、味噌、醤油、ぬか漬けなど
○食物繊維が豊富な食品・・・海草類、キノコ類、玄米、野菜や果物など
○全体食品・・・ごま、豆類、小エビ類など
○排泄反射のある食品・・・酢、梅干し、長ネギ、唐辛子、ピーマン、大葉、ゴーヤ、ショウガなど
○身体を温める食品・・・人参、ショウガ、里芋、大根、ニラ、ニンニクなど



※砂糖や炭酸飲料も副交感神経を優位にする食べ物ですが、取りすぎると副交感神経過剰になり、アレルギー反応や倦怠感などの原因になるので、控えたい食品です。


これらの食品を、毎日の食事に取り入れていくことが大切ですが、これらの食品だけで食事をつくればよいかというと、そうでもありません。

働く時や運動をするときは、肉類などの交感神経を優位にする食べ物が必要です。しかしこれも取りすぎると血管が収縮して心身を興奮状態にしてしまます。
その結果、自律神経のバランスを崩し、免疫力のバランスも崩れてしまいます。

その他にも、取り過ぎに注意が必要な交感神経を優位にする商品には、肉、塩、冷たい食べ物、辛いもの、脂っこいもの、などがあります。



また、交感神経にも副交感神経にも偏らない、米、玄米、小麦、芋類、トウモロコシ、五穀米などの中間の食べ物もあり、自律神経をバランス良く保つためにはコララの中間の食べ物をしっかりと取っているかどうかが重要です。
ご飯などの主食を抜く食事スタイルは、免疫から考えても正しいとは言えません。

免疫力を上げる食品と中間食品を上手く組み合わせて、時には肉類なども取り過ぎには注意しながら取り入れることが健康的な生活を送るためには大切なことです。


現代の食生活は、乱れている人が多いと思います。
身の回りには交感神経を優位にする、つまり免疫力を落としてしまう食べ物が多く出回っています。
ファーストフードや菓子類もその一つです。

また、病気を治そうと飲んでいる西洋医学の薬もその一つです。
薬は身体を冷やしますので、免疫力は落ちてしまいます。
そのため、薬は飲み過ぎないことが重要でです。

少し不調があるときには、十分に身体をやすめ、良い食事をすると自分自身の免疫食が不調を治してくれます。薬に頼りすぎるのは良くありません。


病気を治したい、健康を維持したい、病気を予防したい、
そう願うのなら、まず見直すのは毎日の食事ではないでしょうか。




posted by 自然は看護師るか子 at 12:38| 食事の改善でリウマチ撃退! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

病原体除去する食事法でリウマチ克服!

リウマチの原因の一つに、細菌やウイルス、寄生虫、カビなどによる潜在感染があります。
潜在感染はリウマチだけに限らず、その他のあらゆる病気の原因ともなっており、これを防ぐためには毎日のちょっとした工夫が必要です。

099066.jpg

感染を防ぐためには、自分自身の免疫力を高める必要があります。
免疫力を高めるため大切なことは、食生活です。
『食品添加物をとらないように気をつける。』の記事でも書きましたが、食品添加物などの身体に有害な化学物質をとらないことです。そして、毎日の食事に発酵食品を取り入れるだけでも、腸内環境が改善されて免疫力アップにつながります。

身の回りにある発酵食品は、味噌、醤油、納豆、キムチ、ヨーグルト、ぬか漬け、などがあります。
これらは、本物でないと意味がありません。
スーパーなどで安売りされているものは、
ほとんどが食品炭化物で味付けをされた偽物です。
本物は、原材料名を見れば、化学薬品が全く入っておらず、
時間をかけて発酵熟成されているので、病原菌をやっつけてくれる、
乳酸菌がたくさん含まれています。





本物の調味料はこちら


これらを食べることで、ちょっとの菌の侵入でも負けない強い身体になります。
カビを予防するには、水回りや寝具などの掃除を徹底させることです。

寄生虫についてですが、生の食べ物は食べない、火を通すことです。
生の食べ物というと、刺身や生の肉だけでなく、野菜や果物も生のままだと寄生虫がいます。
そのため、火を通した料理を食べることが大切です。
生で食べる野菜や果物に関しては、50度洗いをすると、寄生虫は死んでしまいますのでおすすめです。
熱を加えるとせっかくの野菜の酵素がなくなってしまう、と心配する方がいるかと思います。
実際に私も最初は心配でした。
しかし、酵素は50度ではなくなることはありません。

健康維持だけででなく、おいしく野菜やお肉を食べるための工夫でもあります。
50度洗いをすると、しなびていた野菜はシャキッとみずみずしくなります。
肉や魚は臭みがとれてふかふかになりとてもおいしくなります。
病気も予防が出来て1石2鳥です!

日々の食事に一手間加えて工夫するだけで、リウマチの痛みを軽減することにつながります。
新しいものを買うなどのお金もかかりませんし、少し気がけるだけで出来る改善方法なので、是非試してみてください。
posted by 自然は看護師るか子 at 11:59| 食事の改善でリウマチ撃退! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

食品添加物を除去してリウマチの痛みを軽減させよう!

薬を使わずにリウマチを克服するためには、食事を改めることが重要です。
まがい物や質が悪いものではなく、本物の質が良いものを食べるようにします。



私たちの身の回りには、安く、奇麗な、便利な食材であふれています。
しかし、それがなぜ安いのか、奇麗にみえるのか、便利なのかを考えたことがあるでしょうか。

一般家庭で手作りをしたおにぎりは、時間が経つと固くなります。
しかしコンビニのおにぎりは何日経っても柔らかいままです。

無添加のパンは数日するとカビが生えてしまいますが、コンビニやスーパーなどで安くで売られている菓子パンはカビが生えません。

混ぜるだけでおいしい料理が出来てしまうという魔法のような粉が売られています。
材料に混ぜるだけなので便利ですが、なぜ粉末なのにいろんな味になるのでしょうか。

20080619-90004386-r25-001-1-thumb.jpg

これらは何から作られているのか、原材料名を見てみてください。
聞いたこともないような化学薬品が沢山入っていることと思います。

これらはもちろん食べるために作られたのではありません。
食材を作る過程で、作りやすいように混ぜられるものや、腐らないようにする防腐剤だったり、色を良く見せるための着色料だったり、においを良くするための合成香料だったりします。

こんなものを食べ続けると、どうなってしまうのでしょうか。

IMG_3441.JPG


食品添加物の安全性は、安全性試験によって厚生労働省が認められているから大丈夫だろう、と思うかもしれません。
しかし、添加物の安全性試験では、動物実験しか行われていません。
また、食品添加物の単品でのみの試験であり、現在使われている複数の添加物をいっぺんに摂取した時の安全性は確認されていません。
更に、安全性試験を行った時代の水準での判断なので、1948年から許可開始されていますから、古い基準の元の検査だと言うことです。

海外で使用が禁止されているものでも日本では普通に使用されていますし、特に日本人は見た目も奇麗なものが好きなので、食品添加物大国ともいえます。


食品添加物は、身体にとって有害な化学物質です。
これらを摂取し続けると、身体の許容範囲を超えてしまい、あらゆる病気を発症してしまいます。
ガンリウマチなどの難病もそのうちの一つです。

症状が出ないと思っている人でも、有害化学物質によって腸内環境が乱れているので、すぐにお腹をこわしたり風邪を引いたりと、免疫力が低くなっているはずです。
免疫力の異常によりアレルギー体質になってしまうことも考えられます。

花粉症アトピーにかかる人が多いのも食生活が原因の一つではないでしょうか。


リウマチの痛みを改善するのなら、まずは食品添加物など有害化学物質を取り入れないことです。
身体に溜まってしまった有害化学物質は、つもりにつもって弱っている関節に溜まってしまいます。
これらを追い払おうと、免疫が反応して炎症を起こして腫れたり痛みが出たりしているのです。

有害化学物質を除去するのには多少の時間がかかりますが、必ず除去できます。
そのためには、まずは早く気づいて取り入れないことです。
そして、デトックス効果のある食材を食べるようにしたり、サウナなどで沢山汗をかくことです。


この記事を読んでいる方は、意識が高く気をつけていらっしゃるかと思いますが、今気づいた方は、ラッキーなことだと思います。
もっと病気が悪化してしまっていたかもしれませんし、もっと悪い病気を発症していたかもしれません。
今日からでも遅くはありません。毎日口にする食べ物を気がけて選ぶようにして、食品添加物を取らないように工夫してみてください。



posted by 自然は看護師るか子 at 14:45| 食事の改善でリウマチ撃退! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする