2016年12月13日

毒出しって何?病気を治す体のメカニズム

リウマチを改善するにあたって、「毒を出そう」ということをたくさん触れてきました。
冷え取り健康法でも、「毒だし」のために半身浴や足湯、天然素材の靴下の重ね履きなどを推奨しています。

しかし、ここでいう「毒」とはいったい何のこと?
と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

そこで、リウマチ克服のために重要な、「毒」についてお話します。



まずは、「毒出し」の仕組みからお話しします。
例えば、腐ったものやウイルスなどの体にとって毒となるものを食べると、体はそれを出そうとする反応が起こります。
まずは胃が毒を出そうと吐くように命じます。
それでも通過してしまった毒は、腸が出そうとして下痢を起こします。
このように、吐いたり下痢をしたりすることは、体の正常な毒出しの反応なのです。

それでもとどまり続けた毒は、血液中に入ってしまいます。
血液中に入ってしまった毒は、もう一度排泄のチャンスがあります。
それは、皮膚から出すことです。
アトピーや肌荒れは、毒を排泄するための体の反応なのです。

032a5b7ab97ff7c4658dd471da85331a_s.jpg

このような毒を出そうとする反応を、薬を使って押さえつけたとします。
果たして毒はどうなるでしょうか?
薬は対処療法(一時的に症状を和らげる)でしかなく、毒を排除することはできません。
体の毒を出そうとする大切な毒だし反応を抑えてしまうのです。

もうお分かりですよね。
薬を使うと、毒は排出されることなく体にたまってしまうのです。
すると、リウマチだけでなく様々な原因不明の難病やガンといった形で出てきてしまいます。



次に、毒だしの「毒」とはいったい何なのかをお話しします。
それがわかれば、「毒」を取り入れないような生活をすれば、リウマチだけでなくアトピーや難病、ガンなどの疾患も予防ができちゃいます。

ここでいう毒とは、「毎日溜まっていく体にとって好ましくないもの」のことです。
その毒には3種類があります。

①物質的な毒
農薬や添加物、電磁波、放射能などの体の外から受ける毒です。
主に食品や呼吸、皮膚から入ってきます。
この物質的な毒は、できるだけ気を付けていれば予防することができます。
食品添加物を使用した食品を避ける、無農薬の野菜や果物を食べる、
携帯電話やパソコンの長時間利用を避け、電磁波対策をする、
放射能対策をする、
などの意識をしていくことが大切です。

②血行不良のために体内にたまった老廃物
体の老廃物は本来なら排泄されるのですが、血流が悪かったり内臓の冷えなどで排泄が滞ってしまいます。
毒素の蓄積は、便秘やむくみなどの身体的な変化だけでなく、その他の内臓を圧迫したり弱らせたり、あらゆる病気の原因になったりと、放っておくと危険な症状や病気を引き起こしかねません。
小食と食べ物の質、そして体を温めることで改善できます。

③ストレス
気のもつれなどの精神的な毒は、体の正常な働きを狂わせます。
病は気からといわれるように、精神的に追いつめられると病気になります。
イライラしたり起こったりして頭に血が昇ったり、ストレスで体調を崩したり・・・。
体と心は密接につながっています。
ストレスをためない工夫をしたり、ストレス発散の場所を探したり、
またはマイナス思考の考え方を変えることも大切になってきます。

20b83031eee2fb216c1d412852230b0e_s.jpg

このように、体にたまってしまう「毒」には様々な種類があります。
日々生活をしていくと、必ずしも溜まってしまうのですが、
それをいかに取り入れないようにするか、そして排出するか、が大切なのです。
日々の生活を見直してみましょう。
病気の原因は、毎日の生活の積み重ねの中にあります。
原因不明と言われているリウマチや難病だって、原因はあります。

その生活を続けた結果が病気につながっているので、
何がよくなかったのか、どこを改善すればいいのかを考えることが大切です。

私の場合は、食生活を大幅に見直しました。
今までは市販のお菓子や加工食品などの食品添加物た大量に使われている食べ物でも平気で食べていましたが、それをすべてやめて、無添加で命ある本物の食べ物を選ぶようにしました。
野菜や果物もできるだけ無農薬を選んでいます。

そして、生活習慣も改善しました。
夜勤のある仕事を辞めて、体に負担のない勤務時間に調整してもらい、
ストレスをためないよう、好きなことをとことん追求して日々挑戦しています。

すると、体調も改善し、寝たきり状態の重症なリウマチでしたが、すっかり元気になることができました。
もちろん、ステロイドや抗リウマチ薬は一切使用しておらず、今では病院にも通っていません。

自分の体のことは、医者でも看護師でもなく、自分が一番わかっているはずです。
なので、自分の健康は他人任せではなく自分自身で守ること
それが病気を克服するうえで必要なことだと感じています。


>>ミドリムシと酵素の毒出しサプリ「みどり酵素」

posted by 自然は看護師るか子 at 16:28| Comment(0) | 冷え取り健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

サウナはリウマチにいいの?危険性と適応を紹介します。

サウナはとても体があ多々あるので、リウマチには効きそうですよね!
しかし、ちゃんとした知識がないと逆効果になってしまうこともあります。
リウマチ患者がサウナを使うときの注意点を、体験談を踏まえて紹介します。

dd730b52c21cbdc47db65ad3bb98b584_s.jpg
自身の体験談になりますが、東洋医学と西洋医学、バイオレゾナンス医学の病院に通っていました。
全身の関節がパンパンに腫れて痛みが強く、毎日の日常生活動作がとても苦痛でした。

炎症所見CRPが14という高い値を示しており、急性の炎症が起こっていました。
こんな状態のときに、いくらサウナがいいといわれても、きつくて入ることはできません。
同じ体制を保持することもできなかったし、とにかく体力がなくて動くのもきついのです。

それに、体にたくさんの毒素が溜まって飽和状態になっており、体が弱っていました。
ここまでになってしまうと、自分自身で出す力も弱くなっているので、いくらサウナに行ったとしてもなかなか毒素を出せずにきつい思いをすることになります。

それよりも、まずはしっかりと休息をとりデドックスを助けてくれるものに頼ることを行いました。
私の場合は、処方された解毒の漢方を朝昼晩と飲んでいました。
解毒の漢方を調合してくれる医療機関は少なく、保険適応外なのでかなり高額になります・・・。
自宅でするなら、毒出しフルーツであるノニジュースが一番おすすめです。

漢方で毒を出し、少し動けるようになってからは、ドームサウナを利用しました。
じんわりと体を温めてくれるので、無理なく汗をかくことができます。
ドームサウナは施設も少なく費用も掛かるので、自宅でする場合は足湯、もしくは半身浴がおすすめです。


さらに回復して痛みが減って動けるようになったら、一般のサウナはおすすめです!
汗をかくことはかなりのデドックスになります。
特に金属汚染は汗からしか排出されないといいます。
どんどんサウナに入って汗を流しましょう。
ただし、その分水をたくさん飲むことが大切です。
腎臓や心臓に他の疾患がなければ、水は1日で2リットルを飲むようにしましょう。

水を飲まなければデドックスはできないのです。


サウナと並んで人気なのは岩盤浴ですが、岩盤浴はどうなのか当時の担当医に聞いたことがあります。
岩盤浴はたくさん汗をかき、内臓からも汗をかけるのでとてもいいのだが、一般的な施設では他の人がつかった場所に寝るため、他人の毒素も入ってきてしまう・・・とのことで、できればサウナのほうがおすすめとのことでした。

私は個人的には岩盤浴のほうが好きなので、たまに行っています。
サウナは温泉施設に行った際には必ず入りますね。


posted by 自然は看護師るか子 at 18:37| Comment(0) | 冷え取り健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月17日

冷え取りはリウマチの特効薬:薬不要の治療法

冷え取りは、ただ単に体の冷えをとるだけではありません。
知れば知るほど奥が深いと思う今日この頃です。

私自身も重度のリウマチがあり、日々リウマチ改善の情報を集めていました。
その中でも、今最も効果があるのが「冷え取り」だと考えます。

冷え取りとは、30年前に医師である新藤義晴先生により考え出されてた健康法です。
「冷え取り」は病気を予防し、自然治癒力を高める方法です。
病気の原因は体の冷えにあり、冷えを改善すると体質が変わり、薬を使わずにガンやリウマチなどの難病でも治ってしまうのです。冷え取りの考え方で言うと、薬は体を冷やすため、一時的に症状を和らげるだけであり、病気を治すことはできないのです。

冷え取りの基本は「頭寒足熱」です。
お風呂を沸かしていて、底の方が冷たいままだった、という経験はないでしょうか。
料理をしていると、上の方の空気が熱くなっていたり、マンションでは上の階の方が熱かったり。

温かい空気や水は軽いため上に上がる性質があります。
それを生かしたのが冷え取りです。
冷たい血液は下にたまりがちなところを、脚を温めることで温まった血液は上へと昇り、血流が良くなるのです。血流が良くなると、体の細部まで新鮮な血液を届けることができ、細胞に栄養や酸素を届け、老廃物を取り除くことができます。

血流が良くなり、冷えが改善されると内臓も温まるので、体の調子が良くなり、病気にかかりにくい体になります。
少々の冷えや毒素ではひるまない、強い体になれます。

リウマチの治療でもここを目指しています。

冷え取りをしっかり行い、体を作ってしまえば、多少の毒素や冷えには負けない体になれるのです。
薬も健康食品もサプリメントも必要のない体になれるので、言ってしまえば最強の健康法だと考えています。
しかも、多額なお金はかかりません。
自宅で出来ることばかりです。


では、冷え取りでは何を行えばいいのでしょうか。
ここでは最低限行っておく必要があることを書いていきます。
冷え取りの基本中の基本ですので、これがすべてではありません。


1、半身浴をする
2、天然素材(絹、綿、ウール)の靴下を履く
3、体を温める食べ物を食べる


最低限行っておくことで、基本中の基本です。
これらをベースにおいて、もっと多岐にわたって様々な方法を実践しています。


①、半身浴は、40度前後のお湯に胃より下だけつかります。
ここでは浸かれるだけ長く浸かることが大切です。
下半身を温め、たくさん汗をかき毒素を出すことができます。

⓶、絹の靴下を肌側に着て、綿、ウールと重ねてはきます。
絹は毒素を排出してくれる性質があり、蚕が成長するまで快適な温度を保つため、通気性や保温性も抜群です。綿やウールを重ねることで、空気の層ができて熱が逃げにくくなります。
合成繊維は静電気を帯びて体をストレス状態にし、血流を悪くして結果として体を冷やしてしまいます。
そのため、肌に直接つけるものは天然素材のものにしましょう。

③、体を温める食べ物は、誰もが知る代表的な食べ物に生姜があります。それだけでなく、季節の野菜を摂るようにしましょう。白砂糖は交感神経優位にして血流を悪くしますので、出来るだけ控えましょう。
酸性の食べものが血液を汚し、体を冷やします。
例えば、酸性の食べものには、牛肉や牛乳、ジャンクフード、揚げ物、食品添加物、薬、などがあります。



冷え取りを始めて、すぐに効果が分かったのが、脚のむくみが減ってきたことです。
今までは30分以上立っていると、脚に老廃物が溜まってむくんでしまい、パンパンになり痛みを伴いました。しかし今では、血流が良くなったのか、長いこと立っていても、むくみは今までの半分以下になり、痛みのなくなりました。
更に、生理痛が改善されたり、頭痛が改善され、リウマチの痛みが軽減しました。
これらも体の冷えや血流の悪さが原因となっている症状です。
リウマチの痛みの細菌では比較的穏やかで、というか痛みがなくて、健康的な毎日を過ごすことができています。

お金がかからない健康法で、効果も十分にありますので、是非冷え取りの本を読んでみてください。
万病を治す冷えとり健康法新版 [ 進藤義晴 ]









posted by 自然は看護師るか子 at 15:49| Comment(0) | 冷え取り健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月12日

ショウガで冷え取りをする方法と注意点!リウマチの痛みを改善

リウマチ体質の方は、体が冷え切っています。

体が冷えると、血液循環が悪くなりますよね。
この血液循環の悪さが、リウマチの痛みを悪化させるのです。

血液の流れは、体の中にたまった老廃物や不要なものを
流してくれる働きをしています。

関節が腫れているという状態は、関節内にリウマチの原因となる
毒素が溜まっているからです。
(毒素とは、食品添加物、洗剤・化粧品などの皮膚から入る有害化学物質、
電磁波、細菌・ウイルス・寄生虫、ストレスです。)

痛みを改善させるためには、血流を良くして、
これらの関節内にたまった毒素を流しだす必要があります。


では、血流を良くするためには、どうすればよいのでしょうか。
それは、冷え取りです。

冷えを改善させて血流を良くすると、体の中にたまった毒素を
排出しやすい体質になります。
要は、リウマチが治りやすくなる体質になるのです。


さぁ、冷え取りを頑張りましょう!
とはいっても、何をすれば良いのでしょうか。

冷えに効く食べ物といえば、まず一番に思い浮かぶのは「しょうが」ではないでしょうか。

773ae3c9593d16a35983ea96c3b0422e_s.jpg

そうです!
ショウガは昔から民間療法で冷えを摂るとして重宝されてきた薬草です。
古代中国でも漢方薬として使われており、今なお使われているということは、
それだけ効果があるということが分かります。

実際に、ショウガは体を温める効果がとても高い植物です。
そのため、日々の食事にショウガをプラスすることをお勧めします。

しかし、ショウガを取り入れるには注意点があります。
それは、生のショウガは体を冷やすということです。
ショウガを取り入れるときには、必ず湯がいてから取り入れましょう。



毎日の食事にショウガを摂りいれよう!
と思い立っても、ショウガって毎日食べるのは大変ですよね。
味も辛くて苦手だという方も多いのではないでしょうか。

そこで、誰でも気軽に摂れる方法を紹介します。


そでは、ショウガのサプリメントです!
体の芯から温める、ショウガをふんだんに使った
冷え取りのために開発された「酒粕しょうが粒」というショウガのサプリメントがおススメです。
>>酒粕しょうが粒激安サイトはこちら

ショウガだけでなく酒粕も含まれており、
酒粕は日本人のスーパーフードと呼ばれるほど
栄養価が高く、冷え取りには嬉しい成分が豊富です。

また、体を温める食材が他にも含まれています。
米麹、植物由来乳酸菌、黒ごま

女性には嬉しい成分ですね!
これらの冷え取り効果を有効に活用したサプリメントが、まさしく「酒粕しょうが粒」なんですね!
冷えが取れると免疫力もアップします。
リウマチの原因の一つとなっている、細菌やウイルス、寄生虫などの感染も
免疫力ではねのけましょう!




posted by 自然は看護師るか子 at 15:41| 冷え取り健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月25日

重炭酸入浴法がリウマチの痛みを改善する!

重炭酸入浴法とは、ドイツで生まれた健康入浴法です。
血流を改善し、様々な痛みや症状に効果を発揮します。

その中でも、特に効果があるのが、リウマチの痛みです。
リウマチの痛みは、冷えて血流が悪くなることにより起こります。
そこで、重炭酸の力で血流を改善し、リウマチの痛みを改善しようという薬用の入浴剤なのです。


いつものお湯だけでは、十分に血流は改善できません。
そこで、いつものお湯に、この重炭酸入浴剤を入れるだけで、血流改善に効果的な炭酸風呂の完成です!

市販の炭酸ガス入浴剤ではなかなか体は温まりません。
天然の温泉なら体の芯から温まるのに、なぜだろう・・・。
そう考え、研究を重ねて開発された重炭酸入浴剤なので、冷えの改善にはかなりの期待が出来、
リウマチの痛みの改善できる、ということのようです。

その素材も、肌に優しい天然成分のみを使用しており、香料や着色料などの添加物は含まれていません。
医学博士も注目している入浴剤なのです。

→重炭酸入浴剤の激安サイトはこちら


その効果的な使い方としては、37~40度のぬるめのお湯に、重炭酸入浴剤を入れて、15分以上ゆったりとつかります。すると、血流はかなり改善され、体の芯から温まります。
冷え取り医療の考え方では、頭寒足熱が一番血流を良くしてくれますので、痛みがある時や、その他の症状がある時には、半身浴をしましょう。時間は長ければ長いほど効果があります。
緩めのお湯に、この重炭酸入浴剤を入れて入ることで、より効果が高まります。

その他にも、毎日のお風呂でも使っていくことで、冷えを取り除いてくれることが期待できます。

リウマチの痛みは体の冷えが原因です。
特に、寒くなる季節には、関節はきりきりズキズキと傷みます。
そんな痛みから早く解放されるためには、いち早くこの重炭酸入浴法を実践し、その効果を実感してみましょう。


posted by 自然は看護師るか子 at 11:36| 冷え取り健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月14日

お勧めの冷え取り靴下【重ね履きシルク】

リウマチの痛みの原因である、「冷え」ですが、
リウマチだけに限らず、すべての病気の原因ともなっています。

身体が冷えると血液の流れが悪くなり、細胞の隅々まで酸素や栄養が行き届かなくなります。
すると、細胞の働きが滞り、そこに代謝物質である毒素や外から取り込んだ経皮毒(有害化学物質)、口から取り込んだ毒(食品添加物などの有害化学物質)、ウイルスや細菌などが溜まり、病気を発症してしまいます。


病気を予防したい方はもちろん、すでに病気を発症している方はなおさら注意していただきたい「冷え」。
特にリウマチの場合は、冷えることによって、炎症の治りが遅くなり痛みが増強してしまいます。

そのため、リウマチの痛みを改善させるためには、身体の冷えをとることが重要なのです。
寒い冬だけでなく、夏場でもクーラーに当たるなどして冷えている人は増えています。


そこで、冷え取りとして今注目されているのが、「シルク靴下の重ね履き」です。
健康に気を付けている方なら聞いたことがある、もしくはもうすでに試されているかと思います。

シルクは、天然の成分であり、身体を温め、さらに身体の毒を吸収してくれる作用があります。
健康食品や雑貨屋、通販などでもよく見かけるようになり、今では多くの企業が参入し、様々な種類の冷え取り靴下があります。

こんなにたくさんあったらどれがいいのかわからないですよね。
しかし、質の悪い靴下だと、洗濯することで硬くなり、足を締め付けて血液の流れを悪くしたり、シルクがあまり入っておらず、効果がないものもあります。
選ぶ際にはよく見極めることが必要です。


そこで、お勧めしたいのが【冷え取り靴下リンマー】です。


多くの雑誌で紹介され、話題になっています。
あの有名な、榮倉奈々さん、奈々緒さん、栗山千明さん、上戸彩さん、広末涼子さんも愛用している、冷え取り靴下です!

人気の理由はその安心できる質と、効果にあるようです。

冷えて足元が冷たくなり、夜もなかなか寝付けない、という方がはいたところ、冷えを感じずにぐっすり眠れたとの口コミ情報が多数寄せられています。

→口コミ情報をもっとみる



その履き心地も人気のようで、重ね履き独特のごわごわかんがなく、一枚一枚がとても薄いため、かさばることなく着こなせるといいます。
冷えを改善するために作られた靴下の集大成ですね(^^)


冷えを改善するためには、日ごろからの習慣を変えていく必要があります。
毎日の靴下を、または寝るときの靴下をこの【冷え取り靴下リンマー】に変えることで、冷えを徐々に改善していきましょう。

冷えを改善して、リウマチの痛みを改善させ、快適な毎日を送りたいものですね!







posted by 自然は看護師るか子 at 11:11| 冷え取り健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年10月18日

シルクで冷えとり!リウマチの痛みを改善しよう!

冷えはリウマチの痛みを増強してしまう一番の原因です。
手足が冷えることで、血液の循環が悪くなり、炎症により関節に溜まった関節液を排出することが出来なくなり、関節が腫れ上がって痛みが出てきます。痛みを改善させるためには、体を温め、血液の流れを良くしていくことが重要です。
リウマチ体質の人は、体質的に冷えやすい方が多いように思います。
冷えやすい体質だからこそリウマチを発症したのだと言っても過言ではありません。

体を冷やさないために、日頃から出来ることは沢山あります。
今回はその中でも、衣類についてお話しします。

102392.jpg

今着ている服の素材を気にしたことはあるでしょうか。
洋服の裏にあるタグを診てみてください。
その素材が表示されているはずです。

レーヨン、ポリエステル、ナイロン、アクリル・・・
カタカナばかりの素材が並んでいませんか?

これらは自然界に存在しなかったもの、つまり石油から合成して作られた素材なのです。
これらの石油系合成繊維は、体を冷やしてしまうのです。
また、静電気を身体に溜め込んでしまうため、交感神経優位の体になり、ストレスを受け続けている状態になります。
この状態では、免疫力は低下し、病気になりやすい体質になってしまいます。

よく、体温を保持して温めるとうたっているインナーなどがありますが、その素材は合成繊維です。
表面上は電気が発生して通気性も良くないため暖かく感じてしまいます。

しかし、天然素材のインナーを着ると、その違いを実感出来ます。
暖かいのです。ほんとうにやさしい肌触りで、合成繊維のひやっとする感じがありません。


冷えとり健康法が話題となり、綿や麻、絹で出来た靴下を重ね履きする方法がブームとなりつつあります。
この方法からも分かるように、天然素材である綿や麻、絹は身体を温め、更に毒素は排出してくれる効果が期待されています。肌に触れる時間が長いインナーなどは、特に天然素材をお勧めします。

天然素材のインナーなどを扱っている「たんぽぽ」という通販サイトでは、冷え取り専門のインナーが豊富に揃っています。なかなか店頭では見かけることのない種類や大きさの商品が多数そろっていますので、これから冷えとりをしようとしている方に、とても参考になります。

私たちが毎日着ている洋服の素材には、もう少し気をつけて選んでいく必要があります。
特に持病があり身体を温める必要がある方は要注意です。
今日からでも遅くはないので、着るものにももう少し気をつけてみましょう。

ここに天然素材のインナーなどがありますので、是非チェックされてみてはいかがでしょうか。


posted by 自然は看護師るか子 at 20:52| 冷え取り健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

自宅で温泉に入れる入浴剤がリウマチにおすすめ

温泉に行くと、その効能として、リウマチや神経痛、関節痛と書いてあるところを目にしたことがあるかと思います。温泉の温浴効果と成分の薬効がありリウマチの痛みを改善させることにとても効果的です。

リウマチに効く温泉、と調べてみると様々な秘湯の温泉が出てきます。
多くのリウマチに悩んでいる方々が訪れており、リウマチに効く温泉として有名な温泉がいくつかあります。

そんなに効果のある温泉なら、長期間そこに滞在してでも毎日つかりたい・・・と思うところです。
しかし、そこまで行くや時間、費用の問題でなかなか実行することが出来ずにいる方も多いのではないかと思います。


毎日、リウマチの痛みに苦労していませんか?
この痛みが良くなったら、もっとあちこちに出かけて好きなことが出来ます。
毎日の家事も、痛くて辛い思いをすることなくこなすことが出来ます。
もっと痛みがなく楽で快適な生活を送りたい、と多くの方がお考えではないでしょうか。


せっかくリウマチの痛みを改善させる方法があるのに、試してみることが出来ないのはもったいないです。



しかし、自宅でも温泉に入ることが出来るのです!!

移動時間も費用もかからずに、自宅で簡単に【黄金湧泉(おうごんゆうせん)】
に浸かることができます!!

黄金湧泉とは、リウマチに効果的だとして有名な、北海道二股ラジウム温泉の成分をそのまんま粉末にしたものです。自宅のお風呂に入れるだけで、本場のラジウム温泉につかることが出来ます。

北海道二股ラジウム温泉は、知る人ぞ知る秘湯で、全国各地からリウマチや神経痛で悩む方が訪れています。


北海道まで出向くことなく、自宅で簡単にリウマチに効果的な温泉に入ることが出来たら、毎日治療ができます。温浴効果は、毎日の積み重ねで、その成分と温浴効果でリウマチの痛みは徐々に改善されていきます。


痛みを取るためには、身体に溜まった毒素を体外に排出することが必要です。
排出するためには沢山汗をかくことが必要になります。
夏でも冬でも、毎日湯船につかって汗をかきましょう
ぬるめのお湯に30分程浸かると、身体が副交感神経優位になりリラックス状態になります。
リラックス状態では、身体の細胞の働きが活性化され、毒をを排出するスピードもあがり、免疫力も上がります。
更に、このラジウム温泉成分である、炭酸カルシウムによって身体は暖まり、血行が良くなって、リウマチの炎症を改善させてくれることが期待出来ます。


毎日のバスタイムを、リウマチの治療とリラックスの時間にしてみませんか?
毎日温泉に浸かって、痛みのない生活を送りましょう。





→【黄金湧泉】お買い得情報はこちら


posted by 自然は看護師るか子 at 12:35| 冷え取り健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

ストレス軽減がリウマチの痛みの改善に効果的です!

毎日を健康で過ごすためには、日にのストレスと上手に向き合っていくことがかかせません。
リウマチはストレスで発症するとも言われており、その関係性は切っても切れないものです。

現代社会では日々ストレスを感じることかと思いますが、それを溜め込んでしまうと、交感神経優位の状態が続いてしまい、免疫力が低下してしまいます。
ストレスを溜め込むと病気に成りやすい身体になってしまうのです。


私自身もリウマチを発症した頃はかなりストレスを受けて苦しかったです。
我慢しているとあっという間に悪化して身動きが取れない状態にまでなりました。

そうならないためにも、ストレスを上手に発散する方法が必要です。


自分の好きなことをしても良いし、友達と遊んだりおいしいものを食べたり、スポーツをしたり・・・
これをしている時が一番楽しい、夢中になれるということが、何か一つでもあるといいですね。

また、日々の生活の中でも、リラックス出来るように工夫することも大切です。
一日の疲れやイライラをとってくれる大切な時間として、お風呂の時間があります。
時間がなくても、湯船につかる時間を作ってみてください。
湯船につかることで、お湯の暖かさと圧力に刺激されて、身体の血流が良くなります。
熱めのお湯ではなく、ぬるま湯にゆっくりつかることで、副交感神経が優位になりますので、リラックスすることが出来ます。お風呂の時間が、ほっと一息つける、安らぎの時間になるといいですね。

014732.jpg

また、睡眠をしっかり取ることも大切です。
湯船につかって副交感神経が優位になると、質のよい眠りにつくことが出来ます。
質のよい睡眠を取ることで1日の疲れをリセットし、明日への活力へとつながります。


しかし、どうしてもイライラして眠れない、というときには、私がおすすめしたいのが、アロマテラピーです。
ストレスで緊張した身体をリラックスさせるアイテムとして有名です。




アロマテラピーで使用するアロマオイルは、100%植物から抽出されたものです。身体や心、肌に働きかける様々な出井の成分が凝縮されています。私たち人間の身体は、疲れやストレスを受けたり、薬に頼りすぎたりすると免疫力が低下し自然治癒力が弱まってしまい病気にかかりやすい身体になってしまいます。
この自然治癒力を高めるのに、アロマオイルは役立ちます。同じ自然界の産物である植物の力を取り入れることによって、人間にも本来備わっている自然治癒力を高めることが出来るのです。薬と違って症状を押さえ込むのではなく、壊れたバランスを整えるものなので、身体に穏やかに作用し、安全に取り入れることが出来るという利点もあります。







ひとつひとつのアロマオイルには様々な効果があります。
例えば、アロマオイルの代表とも言えるラベンダー。その効能は以下の通りです。

【心への作用】脳や脊髄などの中枢神経系のバランスを整える作用が期待出来、精神状態を和らげます。怒りや精神的疲労を緩和して、穏やかな心を保ちます。
【身体への作用】高血圧や心拍を落ち着かせて、安眠効果を発揮します。筋肉のけいれんやリウマチによる痛みの軽減、気管支炎や喘息などの呼吸雨期系の症状緩和、月経痛の改善などにも役立ちます。
【肌への作用】新しい細胞の成長促進と皮脂分泌のバランスを整える作用があるため、様々なタイプの肌に対して効果を発揮します。日焼け後のケアや腫瘍、おできの改善にも効果的です。


イライラした気分を落ち着かせて、ゆっくりとした時間を過ごせるよう工夫してみましょう。
posted by 自然は看護師るか子 at 12:31| 冷え取り健康法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする